■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■

     ■お名前.com


WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』





人気上位馬短評

1デアリングタクト
3ヴェルトライゼンデ
4テーオーロイヤル
5ウインキートス

☆馬2頭でしたから一応こっちも調べます。

馬の実績見たら妥当な馬ばかり。
走る馬は怪我しがちなのは理解してるけど、他の馬も何かしらトラブルがあって、
長期休んでいた馬ばかり。

丈夫なのも加点要素になりますね。

人気ブログランキングへもよろしくお願いします。


1デアリングタクト

無敗の3冠牝馬。
早熟疑惑もあるエピファネイア産駒。

右前肢繋靭帯炎から復帰したけど、5連勝以降は・・・。
早熟なのか、鍛えまくった馬だからダイワスカーレットみたいに途中離脱も?

今回は順調に使いながらのG2で、G1をそれなりの結果で走れた馬。
今回は、いつもよりはましだけど、無事に走り切ってほしいものです。

右前肢繋靭帯炎は普通だと治らないので、単は厳しいと見ます。
モノが違うといえばそうだけど、1年休んで正直さらに良くなるとは思えません。

今回で何らかの結果が出るといいね。



PVアクセスランキング にほんブログ村

3ヴェルトライゼンデ

10週以上の休み明けでも馬券になっている馬。
ただ、勝ちきれないだけ。

中山コース・2200mは経験済み。
戸崎騎手に乗り替わりとなり?結果次第では戸崎騎手になるのかな?

G1以外では馬券外無いので抑えはしますけど、池添騎手が乗らないのは、
それだけ、今週の中京G2に力を入れているのか?

前走レーン騎手になり気持ちが切れたのか?
いつでも戻ってくるからか、ショウガナイとみるのか?

調教は万全ここが本番でもすんなり受け入れられる。
今年重賞4勝と一時期に比べれば、寂しい成績の厩舎。

結果出して、キャプちゃんを煽ってほしいものです。
キャプちゃん=キャプテン渡辺氏のこと

ノーザンの馬で挽回したいですね。
ここで何とか?

4テーオーロイヤル

前に行って、それなりの上りを使える馬。
中山は初めてですけど、圧倒的な先行力がある馬がいなければなんとかなる。

タイトルホルダー・ディープボンドがいなければ俺じゃね?となりますね。
我慢比べになれば分がいいだけに、そのペースを作れるかどうか。

ここも本気だし、冬の長距離に向けて、どの程度やれるか楽しみ。
この馬は切れませんね。

涼しい方がよさそうな馬です。
マンカフェ成分強めか?
4歳だしパワー馬だし、お勧めです。

他の競馬情報はこちら上位の人は実績もあるようですし、参考にしてみては?
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

5ウインキートス

オールカマーと目黒記念だけ走る馬ですから、
ここも抑えとけばいいのでは?

今回はさすがに番手かな?
切れる脚はないけど、先行できるから突き放せるかどうかが問題。

相手次第では面白いけど、強いわけではないので決め手勝負だと厳しいか?

気分良く行けて、自分のペースが作れれば強い馬。
馬体の変化も重要。

得意なコースなので、押さえておけばいいのでは?
勝かどうかは厳しいかなと思います。

オールカマー2022人気上位馬短評まとめ

3ヴェルトライゼンデと4テーオーロイヤルを買いたいと思いました。

牝馬2頭特に1デアリングタクトは無事に引退してくれればそれでよし。
強すぎる牝馬はウオッカなど、産駒がいい成績ではありません。

現役時代強かったのに、それも馬のせいにするのはどうかと思いますけどね。
出来れば今年で3冠牝馬なのでゆっくりさせてやってほしいけど?どうなる?

3ヴェルトライゼンデと4テーオーロイヤルは問題なさそう。

ヴェルトライゼンデが池添騎手のお手馬だと思うので、
ヴェルトライゼンデ父も乗っていただけに、神戸新聞杯が気になりますね。

神戸新聞杯・池添騎手が乗る馬は、さらに買いですね。
その理由をもう一つ見つけました。

最後までご覧いただきありがとうございました。
他のサイトのリンク等があります。よろしければご覧ください。




「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

年間60冊競馬本を読む私がおすすめしたい良書

血統って競馬の何がわかるの?

ラップ傾向でわかること補足説明(まだまだやれることはありそうだ)

Tポイントを貯めて、中央競馬の馬券を買おう!(Tポイント現金化)


血統に造詣の深い、スペシャルウイークを見出した、白井元調教師さんのコーナー。


川田騎手や2500勝さん・田辺騎手がコメントしている西日やある競馬場の物など、
ウマにはどう見えているのかという考察


藤澤先生のインタビューです。


ようやくとなりますが、後は競争馬各馬ラップを競馬場で計測してほしいものです。


ウマ科学会の研究発表が常識覆した!前肢が推進力を生む馬もいる?
この記事は面白いし、いるでしょうね。
そうしないと、リスグラシューの途中までの記録はおかしいとなるからね。
後ろ(トモ)が全然の馬なのに強い馬でした。
それが成長して、四輪駆動になったんだろう?という仮説があるからね。
おそらくハーツクライ産駒はこういう馬が多い?
馬と車を一緒にしてもしょうがないけどね。
例えたくなるのは分かるけど、人間で考えるとこの説があって当然だと思う。
興味深い。


ちょこちょこ語るトモについて。

こういう記事読みたくて、競馬メディアを応援しているところは過大にあるよね。
血統の謎が少しでも理解できるし楽しい(俺だけかもしれないけどね)






オンライン麻雀 Maru-Jan

【馬王Z】自動運転攻略法を無料提供中!競馬最強の法則WEB