■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■

     ■お名前.com


WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』







人気ブログランキングへもよろしくお願いします。


オールカマー2022能力順

5ソーヴァリアント
4.5デアリングタクト
4.5ヴェルトライゼンデ
4.5テーオーロイヤル
4ウインキートス
3.5ロバートソンキー
3.5ジェラルディーナ
3バビット
3フライライクバード
3キングオブドラゴン
2.5クリスタルブラック
2クレッシェンドラヴ
圏外アドマイヤアルバ

G1か?と思う程強い馬がそろいました。
だけど、上位の馬は何かしら脚などに怪我があった馬。

順調に使えてはいません。
牝馬3冠、引退してからが思うほど結果が出ていない。

現役だから関係ないのか?
牝馬3冠は、すごいけどもう力がなくなっているかもね?
過去の3冠馬はそうでしたが、令和ならOKであってほしいというのも個人的願いです。

上の3頭で簡単ならいいなぁ。

オールカマー2022☆推奨馬候補

1デアリングタクト
2ソーヴァリアント ☆
3ヴェルトライゼンデ
4テーオーロイヤル
5ウインキートス
6ジェラルディーナ
7ロバートソンキー ☆
8バビット
9キングオブドラゴン
10クリスタルブラック
11フライライクバード
12クレッシェンドラヴ
13アドマイヤアルバ

☆2頭となっています。
今週もこれなら上位馬は何かしら調べられそう。

PVアクセスランキング にほんブログ村

先週の☆馬結果

ローズS2022

1アートハウス☆(1着)
2サリエラ☆(2着)
3パーソナルハイ☆(11着)
4セントカメリア☆(9着)
5マイシンフォニー☆(7着)
6ラリュエル☆(4着)

人気上位が1・2着では、穴党には大変。
☆馬が3着でなく、4着でした。
多少慣れたかもしれないけど、4・5着では何の意味もない。
悲しい日・月でした。
色々失った気がする。

セントライト記念2022

5ラーグルフ☆(5着)
7ボーンディスウェイ☆(6着)
8セイウンハーデス☆(4着)
10ショウナンマグマ☆(9着)

プレミアムとはしゃいでいたら、1~3人気が馬券になるというね。
サクラバクシンオーとクロフネを持っていう馬が1着になる。
日本在来系の馬力かな?
クロフネは日本とは言えないけどね。

2頭とも短距離で好走する馬が多いから、不思議な気分ではあります。
少し気づいたことはあるけど、こっそり書くとしよう。

そもそも、アクセスアレだけどね。
はぁ。
でも、当てなかったからかアクセス普通。
フォロワーさんも激減しなかったけど、どうなるか?
財布ダメージがデカい。

他の競馬情報はこちら上位の人は実績もあるようですし、参考にしてみては?
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

神戸新聞杯2022能力順

3プラダリア
3レヴァンジル
2.5サトノヘリオス
2.5ジュンブロッサム
2.5パラレルヴィジョン
2.5ボルドグフーシュ
2.5リカンカブール
2ジャスティンパレス
2コントゥラット
2ヴェローナシチー
2サンセットクラウド
1.5アスクワイルドモア
1.5ビーアストニッシド
1メイショウラナキラ
1ミスターホワイト
圏外アイキャンドウイッ
圏外ヤマニンゼスト

数値は低いけど、それなりに混戦となっています。
こちらは穴から入れそう。
ここはあれそうですけどね。

神戸新聞杯2022☆推奨馬候補

1プラダリア
2ヴェローナシチー☆
3パラレルヴィジョン☆
4アスクワイルドモア☆
5サトノヘリオス下
6ビーアストニッシド☆
7ボルドグフーシュ下
8ジャスティンパレス下
9レヴァンジル下
10ジュンブロッサム下
11メイショウラナキラ下
12サンセットクラウド下
13リカンカブール
14コントゥラット
15アイキャンドウイッ
16ミスターホワイト下
17ヤマニンゼスト下

ここは今の所4頭。
後は天気次第かな?

とりあえず候補とします取り急ぎです。


最後までご覧いただきありがとうございました。
他のサイトのリンク等があります。よろしければご覧ください。




「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

年間60冊競馬本を読む私がおすすめしたい良書

血統って競馬の何がわかるの?

ラップ傾向でわかること補足説明(まだまだやれることはありそうだ)

Tポイントを貯めて、中央競馬の馬券を買おう!(Tポイント現金化)


血統に造詣の深い、スペシャルウイークを見出した、白井元調教師さんのコーナー。


川田騎手や2500勝さん・田辺騎手がコメントしている西日やある競馬場の物など、
ウマにはどう見えているのかという考察


藤澤先生のインタビューです。


ようやくとなりますが、後は競争馬各馬ラップを競馬場で計測してほしいものです。


ウマ科学会の研究発表が常識覆した!前肢が推進力を生む馬もいる?
この記事は面白いし、いるでしょうね。
そうしないと、リスグラシューの途中までの記録はおかしいとなるからね。
後ろ(トモ)が全然の馬なのに強い馬でした。
それが成長して、四輪駆動になったんだろう?という仮説があるからね。
おそらくハーツクライ産駒はこういう馬が多い?
馬と車を一緒にしてもしょうがないけどね。
例えたくなるのは分かるけど、人間で考えるとこの説があって当然だと思う。
興味深い。


ちょこちょこ語るトモについて。

こういう記事読みたくて、競馬メディアを応援しているところは過大にあるよね。
血統の謎が少しでも理解できるし楽しい(俺だけかもしれないけどね)






オンライン麻雀 Maru-Jan

【馬王Z】自動運転攻略法を無料提供中!競馬最強の法則WEB