■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■

     ■お名前.com


WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

















人気ブログランキングへもよろしくお願いします。


過去5年人気上位馬

クロノジェネシス(1着・2回) 
リスグラシュー(1着)  
サトノクラウン(1着)  
キセキ(2着)      
レイパパレ(3着)

15頭中のべ6頭で1着4頭は強烈ですね。
ほぼ牝馬というね。
有馬も勝てちゃうリスグラシューすごい!   

今回の人気上位馬

1タイトルホルダー
2エフフォーリア
3ディープボンド
4デアリングタクト
5パンサラッサ

去年はワイドですが、3点取ったんですよねぇ。

ユニコーンライオンが来たのはうれしかった。
1着がよかったけど外れるよりはいい。
そんな心境。

今年はどうなる?

データ消えた影響が少しあり。
大変でしたが意外とやれた。


他の競馬情報はこちら上位の人は実績もあるようですし、参考にしてみては?
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

レース間隔

10~25週(5頭)

5~9週(1頭)

1タイトルホルダー(8週)△
2エフフォーリア(12週)〇
3ディープボンド(8週)△
4デアリングタクト(6週)△
5パンサラッサ(13週)〇


前走着差

負け

0.5差

負けても大差のある馬は厳しい。
ここは明らかな理由があれば考える余地はありますね。

1タイトルホルダー(1.1差・勝ち)〇
2エフフォーリア(0.7差負け)?
3ディープボンド(1.1差・負け)?
4デアリングタクト(0.5差・負け)〇
5パンサラッサ(勝ち)〇


前走馬体重

440~459㎏(2頭)

460~479㎏(1頭)

500~519㎏(1頭)

420~439㎏(1頭)

大きい馬で斤量も58㎏では、加速するのは大変。
一回加速すれば簡単には止まらないけど、それまでにレースが終わる。

1タイトルホルダー(474㎏)△
2エフフォーリア(522㎏)△
3ディープボンド(504㎏)△
4デアリングタクト(486㎏)△
5パンサラッサ(海外)△

前走脚質・PCI

先行(2頭)

中団(1頭)

逃げ(1頭)


PCI

53~60(3頭)

45~52(1頭)

決め手のある馬、加速して勝負を決められる馬出ないと厳しい。
そこはG1ですし、仕方ない。

1タイトルホルダー(逃げ・51.3)△
2エフフォーリア(中団・50.9)△
3ディープボンド(先行・49.6)△
4デアリングタクト(中団・55.5)〇
5パンサラッサ(海外) △

前走距離

2000m(5頭)

前走重賞?それ以外?

大阪杯(4頭)

それ以外海外G1(2頭)

いずれにせよG1出ないと厳しい。

1タイトルホルダー(3200m・G1)△
2エフフォーリア(2000m・G1)〇
3ディープボンド(3200m・G1)△
4デアリングタクト(1600m・G1)△
5パンサラッサ(1800・海外G1)△


種牡馬

バゴ(欧州)
ハーツクライ(母父欧州)
Marju(欧州)
ルーラーシップ(母父欧州)
ディープインパクト(母父欧州)

ディープも母系はドイツなので、

ほぼ欧州系と言っていい。
日本のOPまで行ける欧州系が活躍する重賞といえます。

母父

クロフネ(3頭)
Rossini(ミスワキ)
American Post(母父サドラー)
ディープインパクト

ここは金子オーナーの持ち馬が大活躍
金子さんの持ち馬買っとけばいいのでは?
そんな気分になる傾向。

1タイトルホルダー〇
(ドゥラメンテ×Motivator)
天気が悪いと尚良さそう。

2エフフォーリア 〇
(エピファネイア×ハーツクライ)
エピファネイアは初めてですが、どこかにハーツクライの要素がある?
2着かなぁ。

3ディープボンド 〇
(キズナ×キングヘイロー)
キングヘイローはダンシングブレーヴとグッバイヘイローという、
欧州とアメリカの良血の組み合わせ。
ここで花開いた?

4デアリングタクト〇
(エピファネイア×キングカメハメハ)
エピファネイア初年度でいきなり3冠馬。
キングカメハメハは好走血統。
とにかく無事を願いたい。
(ドゥラメンテショックもあるからね)

5パンサラッサ〇
(ロードカナロア×Montjeu)
ロードカナロアは母系次第で馬の特性が変わります。
成長も遅かった分ここでやれちゃうかもね。

人気上位結論
エフフォーリアとデアリングタクトですね。

エフフォーリアはここ使うために前走使ったのかも?と思えるローテとなります。

2頭のエピファネイア産駒がどうなるか?
現役種牡馬なのでねぇ・・・。
これコケるのはどうよと思いますし。
悩ましいですね。

ラップも調べてみましたが、3000m以上ならという条件が付く馬が多い。
なので、スピード勝負になるなら若い4歳馬に分があるようです。

スピードと斤量でデアリングタクトが有利ですね。
3冠牝馬で燃え尽きていないようなら楽しみ。

エピファネイアは謎時計(不明今のところなし)やれるかな?とおもいます。
早熟説を逆張りすれば美味しいかもね。
(1回くらい失敗してもいいじゃない?だめか・・・)

パンサラッサはSS未配合馬。
スピード持続でどこまで?ですね。
ただ覚醒が遅かった分、やれるかもしれません。
(ラップも未知なのでね。)

中山で11秒台で逃げたラップがあるので、この馬が言ったら面白いですね。
1番前にいるのはこの馬かな?
ユニコーンライオン再び?
坂ですんごい止まるけど、相手のいることだし、僅差の〇着はありそう。
そこは楽しみです。

阪神競馬場天気



金曜日だけ雨なら、時計勝負もアリかな?
パンサラッサもいいかもね。
枠次第でしょうけど?

最後までご覧いただきありがとうございました。
他のサイトのリンク等があります。よろしければご覧ください。








「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

年間60冊競馬本を読む私がおすすめしたい良書

血統って競馬の何がわかるの?



ラップ傾向でわかること補足説明(まだまだやれることはありそうだ)

Tポイントを貯めて、中央競馬の馬券を買おう!(Tポイント現金化)


血統に造詣の深い、スペシャルウイークを見出した、白井元調教師さんのコーナー。


川田騎手や2500勝さん・田辺騎手がコメントしている西日やある競馬場の物など、
ウマにはどう見えているのかという考察


藤澤先生のインタビューです。


ようやくとなりますが、後は競争馬各馬ラップを競馬場で計測してほしいものです。


ウマ科学会の研究発表が常識覆した!前肢が推進力を生む馬もいる?
この記事は面白いし、いるでしょうね。
そうしないと、リスグラシューの途中までの記録はおかしいとなるからね。
後ろ(トモ)が全然の馬なのに強い馬でした。
それが成長して、四輪駆動になったんだろう?という仮説があるからね。
おそらくハーツクライ産駒はこういう馬が多い?
馬と車を一緒にしてもしょうがないけどね。
例えたくなるのは分かるけど、人間で考えるとこの説があって当然だと思う。
興味深い。


ちょこちょこ語るトモについて。






オンライン麻雀 Maru-Jan

【馬王Z】自動運転攻略法を無料提供中!競馬最強の法則WEB