あなたのホームページ・メルマガで【広告収入】が!《アクセストレード》




【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!




【ホームページ低価格で完成】店舗向けホームページ作成サービス「グーペ」





喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ
根岸ステークス近5年
人気上位

コパノキッキング(1・2着) 
カフジテイク(1・3着)   
モズアスコット(1着)  
レッドルゼル(1着)   
ベストウォーリア(2着) 
ユラノト(2着)     
サンライズノヴァ(2着) 
タイムフライヤー(3着) 


今回人気上位馬は以下の4頭とします。

1ソリストサンダー
2オメガレインボー
3タガノビューティー
4ヘリオス

人気薄にもなりかねない馬もいますけど、人気したら押さえるか抑えないかの判断にはなる。
そういうある種割り切って考えます。


レース間隔

5~9週(8頭)

10~25週(2頭)

1ソリストサンダー(11週)△
2オメガレインボー(7週)〇
3タガノビューティー(8週)〇
4ヘリオス(10週)△


前走馬体重

480~499㎏(7頭)

500㎏以上(3頭)
※2着でした。

減っていても-3㎏までの馬が馬券になっています。
この時期は馬の体調は良い方で食も細らないようです。
とはいえ、走るのでそれなりの調整をしないと重くなるようです。

1ソリストサンダー(482㎏)〇
2オメガレインボー(462㎏)×
3タガノビューティー(522㎏)△
4ヘリオス(466㎏)×

ヘリオスは前走-6㎏でしたので馬体重だと人気上位だと怪しいとなります。

軽い馬が来ないとは思いませんけど、
馬力の持続は、馬体重と関係あると思うので。

前走脚質・PCI

中団(4頭)

後方・マクリ(3頭)

先行(3頭)
※2着馬だけとなります。

PCI

45~52(5頭)

53~60(2頭)

37~44(1頭)
※2着馬です。

ここは芝と傾向が変わります。
ダートでも珍しい中団から後方の馬が有利。

東京はゴールまで直線が長いですからね。
スピードと瞬間の馬力が求められます。

1ソリストサンダー(中団・48.3)◎
2オメガレインボー(後方・45.5)〇
3タガノビューティー(マクリ・47.6)〇
4ヘリオス(逃げ・48.9)×

ここ何週間か長すぎたと猛省。
少し簡略化しました。

ズルしてないよとやり過ぎました。 

ソリストサンダーとタガノビューティ(牡馬です)は人気でも軸でよさそうです。
ヘリオスはそもそも人気下位なので、下位なら巻き返すかも?
騎手変わるし何か意図があるのかも?

もう少し人気しないと思いましたけど、狙っている馬が上位にきて・・・。
東京コースとタガノは印象深いことが多い。
これにサンライズとかね。

小倉でもこの時期大暴れしてくるのがサンライズですからね。
冬が来たなぁとか思います。





これは競馬情報が集まるブログのランキングのリンクです。
物足りない人はここからブログを探しましょう。
人気ブログランキングへもよろしくお願いします。







他の競馬情報はこちら上位の人は実績もあるようですし、参考にしてみては?
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

シルクロードS2022出走予定馬・騎手確定ではありませんので注意。
(27日正確にわかりますが、今のところ騎手が決まっている16頭)

エーポス・亀田

カレンモエ・松山

サヴォワールエメ・酒井

ザイツィンガー・富田暁

シャインガーネット・田辺

ショウナンバビアナ・川島

ショックアクション・団野

ジャンダルム・荻野

タイセイアベニール・幸

ナランフレグ・丸田

ビアンフェ・藤岡佑

ホープフルサイン・太宰

マイスタイル・横山典

メイケイエール・池添

レジェーロ・小崎

レッドアンシェル・和田竜

2歳重賞以外の重賞で馬券になった馬は太字にしてあります。
今回いも、近年傾向が少なすぎたので、これぐらいしかできませんでした。

当てる気は当然あるのですけど、ここまで1200m重賞が中京であまりなくて驚きました。
(今更感)

ローカル・メイン競馬場の違いを実感しますね。



最後までご覧いただきありがとうございました。
他のサイトのリンク等があります。よろしければご覧ください。











年間60冊競馬本を読む私がおすすめしたい良書

血統って競馬の何がわかるの?



ラップ傾向でわかること補足説明(まだまだやれることはありそうだ)

Tポイントを貯めて、中央競馬の馬券を買おう!(Tポイント現金化)


川田騎手や2500勝さん・田辺騎手がコメントしている西日やある競馬場の物など、
ウマにはどう見えているのかという考察


藤澤先生のインタビューです。


ようやくとなりますが、後は競争馬各馬ラップを競馬場で計測してほしいものです。


ウマ科学会の研究発表が常識覆した!前肢が推進力を生む馬もいる?
この記事は面白いし、いるでしょうね。
そうしないと、リスグラシューの途中までの記録はおかしいとなるからね。
後ろ(トモ)が全然の馬なのに強い馬でした。
それが成長して、四輪駆動になったんだろう?という仮説があるからね。
おそらくハーツクライ産駒はこういう馬が多い?
馬と車を一緒にしてもしょうがないけどね。
例えたくなるのは分かるけど、人間で考えるとこの説があって当然だと思う。
興味深い。






オンライン麻雀 Maru-Jan

【馬王Z】自動運転攻略法を無料提供中!競馬最強の法則WEB



















このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット