あなたのホームページ・メルマガで【広告収入】が!《アクセストレード》

京成杯過去5年

2021


2:03.1・スローペース
(37.5-35.2)後傾ラップ

12.6 - 10.9 - 14.0 - 13.3 - 12.9 - 12.3 - 11.9 - 11.9 - 11.3 - 12.0

着順・枠番・馬名・位置取り・上がり3F
1着馬:3枠3番・グラティアス/3-2-3-2 /34.9
2着馬:1枠1番・タイムトゥヘヴン/1-1-1-1/35.6
3着馬:5枠6番・テンバガー/5-5-5-5/35.2

2020

2:02.1・スローペース
(37.0-36.2)後傾ラップ

12.6 - 11.4 - 13.0 - 12.0 - 12.5 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 11.8 - 12.6

着順・枠番・馬名・位置取り・上がり3F
1着馬:1枠1番・クリスタルブラック/8-11-10-10/35.4
2着馬:8枠12番・スカイグルーヴ/2-2-2-1/36.2
3着馬:6枠7番・ディアスティマ/4-4-4-4/36.4


2019

2:01.2・スローペース
(36.2-35.3)後傾ラップ

12.8 - 10.9 - 12.5 - 12.0 - 12.9 - 13.0 - 11.8 - 11.8 - 11.4 - 12.1

着順・枠番・馬名・位置取り・上がり3F
1着馬:6枠7番・ラストドラフト/2-2-2-1/35.3
2着馬:5枠5番・ランフォザローゼス/3-3-2-2/35.4
3着馬:2枠2番・ヒンドゥタイムズ/6-6-5-4/35.2

2018

2:01.2・ハイペース
(35.4-37.0) 前傾ラップ

12.5 - 10.7 - 12.2 - 11.8 - 12.5 - 12.4 - 12.1 - 12.5 - 12.3 - 12.2

着順・枠番・馬名・位置取り・上がり3F
1着馬:8枠15番・ジェネラーレウーノ/2-2-2-2/36.3
2着馬:3枠5番・コズミックフォース/10-10-12-11/35.4
3着馬:1枠1番・イェッツト/11-10-9-8/35.7


2017

2:02.5・ミドルペース
(36.9-36.3)後傾ラップ

12.6 - 11.2 - 13.1 - 12.1 - 12.6 - 12.2 - 12.4 - 12.2 - 12.0 - 12.1

着順・枠番・馬名・位置取り・上がり3F
1着馬:5枠8番・コマノインパルス/12-12-10-7/35.6
2着馬:6枠11番・ガンサリュート/10-10-11-11/35.5
3着馬:2枠2番・マイネルスフェーン/ 10-10-11-11/35.6

そもそもフルゲートにならないので意味ないかもしれませんけど、
二桁番号の馬はそれほど好走していません。

15頭中3頭。
先週それで失敗したけど、今週はフルゲートならどうなるか?

1・2・3番が2回ずつ。
内枠は良いようですね。

3Fの上りも去年34秒台が出ました。

例年だと35秒2が速い方。

ゴール前坂もあるし風も吹く季節。
馬体重の増減なども気になります。



【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

人気上位

ジェネラーレウーノ(1着)
コマノインパルス(1着) 
グラティアス(1着)   
ランフォザローゼス(2着)
タイムトゥヘヴン(2着) 
スカイグルーヴ(2着)  
コズミックフォース(2着)
マイネルスフェーン(3着)

1着・2着人気上位がほとんど。
とはいえ、先週久しぶりにノーザンFから勝ち馬が出ませんでした。
何とかなるのかもしれません。

アライバル・・・強い競馬でしたね。
前走見て、そんな感想となりました。


人気下位

ラストドラフト(1着)  
クリスタルブラック(1着)
ガンサリュート(2着)  
ヒンドゥタイムズ(3着) 
テンバガー(3着)    
ディアスティマ(3着)  
イェッツト(3着)    

人気なりの着順と言えますけど、勝ち馬もいるので何とかしたいです。
この時期ピークに持ってきてもねぇ。

馬は元気すぎるでしょうし、
人間は江田さんみたいな人もいるけど、冬だと体動かない場合もある。



【ホームページ低価格で完成】店舗向けホームページ作成サービス「グーペ」

人気上位傾向

レース間隔

5~9週(3頭)

10~25週(3頭)
※1着の多さで下とします。

3週(2頭)

まだまだ若い馬ばかりなので、レース間隔が短くても大丈夫。
重賞とは言え、重賞連続でもないし古馬重賞と違いますね。
(そもそも重賞レベルの馬が少ない)


前走着差

負けていても、0.2差までの馬。
中々厳しいですけど、現実にはそういう結果となりました。

ダートの場合着差がつきやすいけど、
このレースではそこまで着差のない馬が人気だったら押さえたいですね。

若いしまだ馬があきらめないのでしょう。

負けた理由が明確な馬なら無視して良いと思います。


前走馬体重

マイナス3㎏まで減っていた馬。それ以外は増えて出走。

この時期牡馬でも減り続ける馬は育ちざかりでも厳しいようです。
今ほど厩舎にいることが無くても慣れない場所でカイバ食えない馬は調教もいまいちなこともあるし。


前走距離

2000m(8頭)

経験がない馬でもこの距離で8頭。


前走上がり3F・PCI

前走上がり3F

1位(3頭)

2位(2頭)

3位以下(3頭)
まとめています。

PCI

53~60(4頭)

61~68(2頭)

45~52(2頭)
※同数ですが1着がいない場合下に掲載します。

※若駒なのでやる気があるか?ないかの判断ともいえるのかな?
年取るとわかるんでしょうね。

追いつくか、追いつかないか?


種牡馬

バゴ
ハーツクライ
スクリーンヒーロー
キングカメハメハ(2頭)
ロードカナロア
エピファネイア
ステイゴールド

パワー系の馬を出す種牡馬が多い。
キングカメハメハから2頭馬券になっています。

筋肉質な馬が多く出るからか、
夏が苦手で冬の硬い馬場が得意な馬が多い。
2着ですけどね。


母父馬

ロックオブジブラルタル(ND系・デインヒル)
フジキセキ(SS系)
Lizard Island(ND系・デインヒル)
ネオユニヴァース(SS系)
ディープインパクト(SS系)
キングカメハメハ(MP系・キングマンボ)
アドマイヤベガ(SS系)
Jade Robbery(MP系・アメリカ)

こちらもパワー系種牡馬ばかり。

生まれてすぐは分かりませんけど、
競走馬デビュー直後の馬は牝馬に似ている馬が多い気がします。

成長すると父系の要素がデカくなる。
種牡馬の成長速度と関係あるのでしょうか?

両方とも知らない馬だと判別できないですけどね。

生産者

ノーザンファーム(4頭いるけど3頭。2着)
新生ファーム
新井牧場
オリオンファーム
ビッグレッドファーム

この時期は馬は元気ですけど、見据える本番は先。
昔以上に厳しいクラッシック。

賞金加算するだけでも、本番出走可能なら別にいいという考え?
体力も万全の馬はそこまでいないので。


喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

人気薄傾向

レース間隔

5~9週(4頭)
勝った馬はもれなくここでした。
近5年傾向ですけどね。

10~25週(2頭)

4週(1頭)
※3着でした。

前走着差

ここも負けても0.2差の馬。
1頭しかいないので、勝つなら前走勝っている馬ばかり。

勝っているから、ココも勝ちたいと思うのでしょうか?
まだレースシンドイとか考えない馬が多い?

馬券あてるなら最低限勝っている馬は買っておきたいですね。

前走距離

1800m(4頭)

2000m(3頭)
※3着でした。

1・2着狙いなら、1800m組となりますね。
分かりやすい。


前走脚質・上がり3F・PCI

中団(3頭)

先行(4頭)
※1着馬がいないので。

上がり3F

1位(3頭)

2位(3頭)

3位以下(1頭)


PCI

61~68(3頭)

53~60(3頭)

45~52(1頭)


母父種牡馬

ディープインパクト(2頭)
タイキシャトル
クロフネ
スペシャルウィーク
キングカメハメハ
Street Sense(MP・マキャベリアン)

父にも多かったディープ系種牡馬
人気薄にもいますね。
勝った馬は1頭ですけど。

母系はアメリカ馬が多い。


キャリア

1戦(4頭)

2戦(2頭)

4戦(1頭)

まだしんどくないから走ってくれる馬が多い。
キャリアも少ない馬が狙い目。
(たぶんほとんど)


生産者

大狩部牧場
社台ファーム
木村秀則
ノーザンファーム(3頭)
辻牧場

馬券になるのだなぁ大手。




これは競馬情報が集まるブログのランキングのリンクです。
物足りない人はここからブログを探しましょう。
人気ブログランキングへもよろしくお願いします。



人気上位傾向

1アライバル
2オニャンコポン
3ホウオウプレミア
4テンダンス

上位は上の4頭とします。

人気は1強ですけどね。

レース間隔

5~9週(3頭)

10~25週(3頭)
※1着の多さで下とします。

3週(2頭)

1アライバル(20週)〇
2オニャンコポン(3週)△
3ホウオウプレミア(10週)〇
4テンダンス(8週)◎

これだと名前で人気にきているとわかります。


前走着差

負けていても、0.2差までの馬。
中々厳しいですけど、現実にはそういう結果となりました。

負けた理由が明確な馬なら無視して良いと思います。

1アライバル(0.2負け)〇
2オニャンコポン(1.1負け)×
3ホウオウプレミア(タイム差無し2着)〇
4テンダンス(0.5差負け)×


前走馬体重

マイナス3㎏まで減っていた馬。それ以外は増えて出走。

1アライバル(482㎏・8㎏増えていた)〇
2オニャンコポン(474㎏・4㎏増えていた)〇
3ホウオウプレミア(486㎏・4㎏増えていた) 〇
4テンダンス(486㎏・4㎏減っていた)×


前走距離

2000m(8頭)

経験がない馬でもこの距離で8頭。

1アライバル(1600m) ×
2オニャンコポン(2000m)〇
3ホウオウプレミア(2000m)〇
4テンダンス(1800m) ×


前走上がり3F・PCI

前走上がり3F

1位(3頭)

2位(2頭)

3位以下(3頭)
まとめています。

PCI

53~60(4頭)

61~68(2頭)

45~52(2頭)
※同数ですが1着がいない場合下に掲載します。

1アライバル(3位・60.9)〇
2オニャンコポン(3位以下・48.8) ×
3ホウオウプレミア(1位・57.4)◎
4テンダンス(3位以下・57.4)△


種牡馬

バゴ
ハーツクライ
スクリーンヒーロー
キングカメハメハ(2頭)
ロードカナロア
エピファネイア
ステイゴールド

パワー系の馬を出す種牡馬が多い。
キングカメハメハから2頭馬券になっています。

筋肉質な馬が多く出るからか、
夏が苦手で冬の硬い馬場が得意な馬が多い。
2着ですけどね。


母父馬

ロックオブジブラルタル(ND系・デインヒル)
フジキセキ(SS系)
Lizard Island(ND系・デインヒル)
ネオユニヴァース(SS系)
ディープインパクト(SS系)
キングカメハメハ(MP系・キングマンボ)
アドマイヤベガ(SS系)
Jade Robbery(MP系・アメリカ)

1アライバル
(ハービンジャー×ディープインパクト)〇

2オニャンコポン
(エイシンフラッシュ×ヴィクトワールピサ)△

エイシンフラッシュはこのレース勝ち馬。
(キングマンボ系・ドイツ)


3ホウオウプレミア
(ロードカナロア×クロフネ)〇

4テンダンス
(ジャスタウェイ×フレンチデピュティ)〇

生産者

ノーザンファーム(4頭いるけど3頭。2着)
新生ファーム
新井牧場
オリオンファーム
ビッグレッドファーム

1アライバル(ノーザンファーム)〇
2オニャンコポン(社台F)
3ホウオウプレミア(ノーザンファーム)〇
4テンダンス(グランド牧場)


アライバルもいいけど、人気するならホウオウプレミアの方が傾向には合いますね。


他の競馬情報はこちら上位の人は実績もあるようですし、参考にしてみては?
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

人気薄傾向

アライバル以外とします。

レース間隔

5~9週(4頭)

ロジハービン
ヴェールランス
タイセイディバイン
サンストックトン
テラフォーミング
テンダンス
フジマサフリーダム

10~25週(2頭)

オディロン
ホウオウプレミア
ニシノムネヲウツ
トゥーサン

4週(1頭)

ルークヘリオス


前走着差

ここも負けても0.2差の馬。

タイセイディバイン
ルークスヘリオス
サンストックトン
トゥーサン
ロジハービン
フジマサフリーダム
ヴェローナシチー
ニシノムネヲウツ
ヴェールランス
ホウオウプレミア


前走距離

1800m(4頭)

テンダンス
テラフォーミング

2000m(3頭)

フジマサフリーダム
ニシノムネヲウツ
ホウオウプレミア
オニャンコポン
ルークスヘリオス
ロジハービン
トゥーサン
タイセイディバイン
ヴェールランス
ヴェローナシチー


前走脚質・上がり3F・PCI

中団(3頭)

ルークスヘリオス
ロジハービン
フジマサフリーダム
サンストックトン
ホウオウプレミア
オニャンコポン


先行(4頭)

ヴェローナシチー
トゥーサン
ヴェールランス
テンダンス
オディロン
トーセンヴァンノ
テラフォーミング


上がり3F

1位(3頭)

ホウオウプレミア
サンストックトン
ヴェローナシチー

2位(3頭)

トゥーサン
ルークスヘリオス

3位以下(1頭)

テンダンス
ニシノムネヲウツ
テラフォーミング
トーセンヴァンノ
オニャンコポン
ハナキリ
オディロン

PCI

61~68(3頭)

ホウオウプレミア
トゥーサン

53~60(3頭)

フジマサフリーダム
ニシノムネヲウツ
サンストックトン
テンダンス
ロジハービン
タイセイディバイン
テラフォーミング
トーセンヴァンノ

45~52(1頭)

ヴェローナシチー
ヴェールランス
ルークスヘリオス
オニャンコポン
ハナキリ
オディロン



母父種牡馬

ディープインパクト(2頭)
タイキシャトル
クロフネ
スペシャルウィーク
キングカメハメハ
Street Sense(MP・マキャベリアン)

ディープ系

フジマサフリーダム
トーセンヴァンノ
サンストックトン


キャリア

1戦(4頭)

フジマサフリーダム
トゥーサン

2戦(2頭)

ヴェールランス
テラフォーミング
ロジハービン
ホウオウプレミア
ヴェローナシチー

4戦(1頭)

今年はいませんでした。
もっとキャリアのある馬はいます。


生産者

大狩部牧場
社台ファーム
木村秀則
ノーザンファーム(3頭)
辻牧場

ホウオウプレミアだけノーザンFの馬でした。

人気したら意味ないけどね。

テンダンス・テラホーミング・ホウオウプレミア


PVアクセスランキング にほんブログ村

傾向だと人気上位4頭とテラホーミング買っておけばよさそう?
(そんな簡単だったらいいね)

人気薄だと、1・2勝の馬が騎手を変えて挑戦している馬が多く馬券になっています。
(継続でもいるけど、それなりに馬券になる裏付けともいえる)
とはいえ、3着馬が多いのでそこまで軸向きとは言えません。

人気薄
馬券内騎手傾向

継続

2勝、3着1回

乗り変わり

2着1回・3着3回となっています。

穴狙いで行くなら騎手継続馬、紐なら騎手交代の馬となります。


最後までご覧いただきありがとうございました。
他のサイトのリンク等があります。よろしければご覧ください。








年間60冊競馬本を読む私がおすすめしたい良書

血統って競馬の何がわかるの?



ラップ傾向でわかること補足説明(まだまだやれることはありそうだ)

Tポイントを貯めて、中央競馬の馬券を買おう!(Tポイント現金化)


川田騎手や2500勝さん・田辺騎手がコメントしている西日やある競馬場の物など、
ウマにはどう見えているのかという考察


藤澤先生のインタビューです。


ようやくとなりますが、後は競争馬各馬ラップを競馬場で計測してほしいものです。


ウマ科学会の研究発表が常識覆した!前肢が推進力を生む馬もいる?
この記事は面白いし、いるでしょうね。
そうしないと、リスグラシューの途中までの記録はおかしいとなるからね。
後ろ(トモ)が全然の馬なのに強い馬でした。
それが成長して、四輪駆動になったんだろう?という仮説があるからね。
おそらくハーツクライ産駒はこういう馬が多い?
馬と車を一緒にしてもしょうがないけどね。
例えたくなるのは分かるけど、人間で考えるとこの説があって当然だと思う。
興味深い。






オンライン麻雀 Maru-Jan

【馬王Z】自動運転攻略法を無料提供中!競馬最強の法則WEB



















このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット